リフォームと住宅修繕の違いや定期的に修繕する箇所はどこ?

住宅の始まりは、紀元前1万6000年の原始時代からで、マンモスの牙や骨などで住宅の基礎を作り、住宅に毛皮をのせた住宅で、たき火は家の外で行われていました。
縄文時代から平安時代には、10センチほど地面を掘って円形の穴と真ん中に炉を作り、周りに柱を立てて草で覆ったテントの形をした竪穴式の住宅が作られました。
飛鳥時代、位の高い人は、建物の周りを柵のようなもので囲い、敵からの攻撃を受けないよう守り、平地に柱を立て屋根を地上まで通さないよう工夫されている掘立柱建物が複数あり、井戸なども作られていて、鎌倉時代では、位の高い人の住宅は、戦いに備えた住宅が主流になり、武士の住宅は、敵から攻撃を受けても守りやすくするために川のそばの丘の上に建設され、高さのある柵が住宅の周りに設置されています。
鎌倉時代の庶民は、それぞれの住宅を持つようになり、屋根は板ぶきで作られていて土間があったり、板の間があったりする家もありました。
鎌倉時代以降から住宅建設技術が進み、現在の住宅へと徐々に変わっていきました。
このサイトでは、主にリフォームと修繕の違いや定期的に行わなければならない修繕箇所や修繕費用相場や条件によっては、費用を安くできるかもしれない方法などについて知る事ができ、その他に住宅を長持ちさせるコツなどもお話します。
初心者向けの内容になりますが、知っている方も再度確認しておきましょう。
マイホームの修繕を検討している方には役に立つ情報が多いかと思いますので読んでみてくださいね。

日本の住宅の歴史っていつからなんだろう

皆さんは、リフォームと修繕の違いや定期的に行わなければならない修繕箇所って分かりますか?賃貸に住んでいる方にはどちらも馴染みのない言葉かも知れません。 私自身が現在マイホームの修繕を考えていますが定期的に行わなければならない修繕箇所やリフォームと修繕の違いなど詳しく知りませんでしたので調べてみました。

修繕費用相場ってどのくらい?

定期的なマイホームの点検やマイホームの修繕は行っていますか? 「マイホームって定期的な修繕が必要なの?」と思った方も多いかもしれません。 実は、マイホームは修繕を定期的に行わなければなりません。 マイホームの修繕費用相場と条件が合えば修繕費用が無料になるかもしれない方法をお話します。

修繕方法を変えるだけで長持ちします

定期的に行わなければならないマイホームの修繕ですが、皆さんは修繕をする際に使用する屋根の部材や外壁材をどのような基準で選んでいますか? 外壁材や屋根の部材の専門的知識がないと選ぶ際に悩んでしまうかもしれませんね。 修繕の回数を少なく住宅を長持ちさせるコツやメンテナンスフリーの外壁についてお話します。

PAGE TOP