日本の住宅の歴史っていつからなんだろう

リフォームと住宅修繕の違いって何?

住宅修繕とは、築年数や何らかの理由により、問題が生じた住宅や住宅の一部などの修復を行い問題が生じた住宅や住宅の一部を建設した当時の状態に戻すという意味でマイホームの場合、定期的にマイホームの点検をし、一定期間毎に修繕を行う必要があります。
リフォームとは、元々あった住宅やマイホームのほとんどを作り変えるという意味で、高齢化に伴うバリアフリー化や家族の増減に伴い行う方が増えていて、費用は修繕よりも高くなりますが、新築を建設するより、費用を抑えることができたり、部材など新しくする事で、きれいな家に住めるためリフォームをする世帯が増えています。
リフォームは、元の住宅やマイホームを作り変えたりしますが、住宅修繕は、新築の状態に戻すのが目的ですのでリフォームと住宅修繕は全く異なるという事を覚えておきましょう。

定期的に修繕しなければならない箇所

マイホームは建設したら終わりではなく、定期的に修繕を行う必要があり、主に修繕を行わなければならない箇所は、外壁や屋根など様々な箇所があります。
一般的に修繕しなければいけないタイミングが、外壁だとモルタル壁が15年から20年で窯業系サイディングが15年から20年で金属系サイディングも15年から20年で修繕が必要で、屋根は、日本瓦が40年から60年で人工スレートが20年から25年で一般的な金属屋根で20年から30年で修繕が必要で壁紙が約10年で張替えで建具関係が15年から30年でアルミサッシが15年から30年でフローリングが状況によって検討が必要でユニットバスが10年から15年でトイレが15年から20年でエアコンや給湯器やガスコンロや換気扇が10年で修繕が必要になります。


PAGE TOP